Skip to content

専業主婦が旦那に内緒でカードローンに申し込むには?

専業主婦がカードローンに申し込む場合、
1.審査に通ること
2.旦那に内緒にできること
3.借入・返済が便利にできること
などが重要になります。

専業主婦であることで審査に落ちてしまったり、内緒で借りられない、借入・返済が不便では利用できません。
<専業主婦は審査にとおることを最優先に>

専業主婦のカードローンの申込みでは、「審査にとおること」を最優先に考えなければいけません。

会社員やパート勤務の人との違いは、収入があるかないかという点です。

2010年6月18日以降、年収の3分の1までしか貸し付けてはならない、という「総量規制」が始まりました。

この規制が始まったことで、専業主婦は、消費者金融や信販会社のカードローンに申し込めなくなっています。

そのため、専業主婦がカードローンを利用したい場合は、銀行のカードローンに申し込まないといけません。

<インターネットで申し込めば秘密にできる!>

「カードローンの申込みをしたことがバレてしまうのでは?」という不安があるかもしれませんが、申込み手続きを間違えなければ、心配することはありません。

一般に発行されたカードが自宅に送られることでバレてしまいますので、カードの郵送を避ければよいことになります。

具体的には、インターネットで申込みをしたら、その後、自動契約機のあるところまで行き、そこでカード発行を受ける手順になります。
<借入・返済が便利でおすすめの業者は?>

専業主婦の場合、仕事をしている人よりも行動範囲が狭いと考えられます。

返済のために銀行に振込に行く時間がなかったり、店頭まで持参することができない場合がほとんどです。

そのため、バンクイックのようにセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのATMを利用できるカードローンが良いでしょう。

バンクイックなら、審査時間も30分程度で済み、専業主婦の利用者も多くなります。

申込みに必要な本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)を用意し、公式サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか。